アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
バイきんぐ西村さん監修「バカまぶし」はバカみたいにまぶしたくなる万能スパイスだった!

DINING

バイきんぐ西村さん監修「バカまぶし」はバカみたいにまぶしたくなる万能スパイスだった!

2021.10.11

キャンプ芸人としても活躍されているバイきんぐ西村瑞樹氏が監修したアウトドアスパイス「バカまぶし」をご存知ですか。「バカまぶし」されあれば、キャンプ飯やお家ごはんの味が決まる! そんな気持ちにさせてくれる、魔法のスパイスなんですよ。キャンプショップやスーパーでも取り扱われている「バカまぶし」は、ご飯系からおかずまで振りかけるだけで深みとコクのある味にアレンジできるスパイスです。

アウトドアスパイス「バカまぶし」って何?

引用元/バカまぶしオンラインストア。
「バカまぶし」は、キャンプ芸人バイきんぐ西村さんが、何度も味見をして試行錯誤の末、完成した万能スパイスです。もっと簡単に美味しいキャンプ飯が食べたい…という思いから立ち上がり、商品化するまでに至りました。

公式情報によると「コンソメパンチのようなクセになる味付け」、「カレーのような食欲をそそる香り」、「タンドリーチキンのような口に広がるスパイシー感」を楽しめるとのこと! さらに、西村さん自身がお肉や魚、野菜などで全て試して納得した自信作なのだそう。

ということで、さっそく…  

「バカまぶし」をゲット!

商品名/バカまぶし〜辛くないの〜
価格/918円(購入時価格)
内容量/80g
原材料名/クミン(インド、トルコ、イラン、シリア)、ごま、チキンパウダー(食塩、麦芽デキストリン、鶏肉、砂糖、鶏油、チキンエキス、酵母エキス、香辛料)、食塩、砂糖、酵母エキス、オニオン末、生姜末、スターアニス、フェンネル、アニス、シナモン、クローブ、山椒 / 調味料(アミノ酸等)香料
実はこの「バカまぶし」、「辛いの」と「辛くないの」の2つフレーバーがあるのですが、私の近所では「辛くないの」が売っていました。「辛口」や「マイルド」などの呼び名にしないあたりが、何となく西村さん“らしさ”を感じられておもしろいです!
お皿に少し出してみました。パウダー状のスパイスだけかと思いきや、ホール状のスパイスも入っています。結構クミンが強く香る印象で、瓶のフタを明けた瞬間インドカレー屋さんにいるような気分になりましたよ。数種類のスパイスがミックスされているので苦いのかな〜と恐る恐る味見をしてみましたが、香りほど味はほとんどクセがなくどんな食材にも合いそうな気がします。

活用法は無限大!味の決め手に「バカまぶし」

と、いうことで料理に使ってみることに。

ローストビーフ

まずはローストビーフ。かたまり牛肉に味を染み込ませる際に、ニンニクとバカまぶしを揉み込んで作ってみました。牛肉を焼いている時にステーキ屋にいるような香ばしくスパイシーな香りが部屋に広がり、食欲がそそられましたよ。

実際、でき上がりを食べてみると、食感がいつもよりもしっとりしていて食べやすい印象です。そして、お肉を噛めば噛むほどしみ出るスパイシーなうま味とコクがたまりませんでした♡

西村さん曰く、「かければかけるほどウマい」らしいので、味変感覚でローストビーフに振りかけて食べたところ、これまたスパイスが口の中にダイレクトに伝わり、バルで食べるようなオシャレなフレーバーのローストビーフに変身! おつまみにもバッチリでした。

チャーハン

普段は塩コショウで済ませてしまうチャーハンも「バカまぶし」で味を調えると、中華料理ではなくキャンプ飯のワイルド風味に大変身! クミンや山椒の香りがガツンと香るチャーハンを味わえますよ。

感じ方によっては若干「カレーっぽい」とも思いましたが、よく味わうとやっぱりカレーではないちょっと複雑な「深み」も感じられるチャーハンでした。

「辛くないの」のフレーバーは、スパイシーさはあるものの、辛口ではないので辛みが苦手な方や子供にも挑戦しやすいスパイスだと思いますよ!

「バカまぶし」でスパイス生活はじめませんか?

キャンプコーナーやスーパーに行くと、色々な万能スパイスを見ると思います。でも実際使うとなると、どんな味なのか気になりますよね。今回ご紹介した「バカまぶし」は、同じスパイスでも辛さが選べる商品なので、ご自身の好みに合わせて選べるのがうれしいポイントですよ。
ぜひ、見かけた際はゲットして食生活やアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか。
原 結
食べ歩きや旅行、アウトドアが大好きなアクティブ系女子。旅先でもショッピングは二の次、自然とのふれあいを求めてしまうタイプです。話題のレシピや新商品のレポートなど毎日の暮らしに役立つ情報をお届けします。
記事の一覧へ