アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
無印良品「冷やして食べるカレー」のアレンジは、やっぱりアレだった

DINING

無印良品「冷やして食べるカレー」のアレンジは、やっぱりアレだった

  • 2022.06.27

カレーは大好きだけど、夏は熱そうで食欲が出ない…という人は案外います。そこで、無印良品「冷やして食べる えびとトマトのカレー」で冷たいカレー&アレンジレシピを食べてみました。

加熱不要のレトルトカレーは簡単調理で夏にぴったり!

いつものように無印パトロールをしていると、レトルトカレーのコーナーで「冷やしておいしい」という文字を発見! なんと、冷蔵庫で冷やして食べるカレーとのこと。最近暑さで食欲不振だった筆者は、即カゴ決定。
クミンやフェンネルなど11種類のスパイスを使い、トマトソースとヨーグルトでインド風に仕上げているそう。一般的なレトルトカレーのように電子レンジや湯煎で温める必要がないので、手間がかからずに食べられるのも魅力です。
さっそく冷蔵庫で一晩冷やして、ご飯と一緒に盛り付けてみました! 中に入っている具材は、小ぶりのえびのみ。決して具沢山ではないので、蒸した野菜や焼いた鶏肉などをトッピングしても良いかも。
想像以上にスパイシー! スープカレーのようにサラサラしていて、ご飯によく馴染みます。

熱々のカレーの場合、冷めると固まってしまったり、味が薄く感じてしまったり。でも「えびとトマトのカレー」は、冷たさが全く気になりません。ルーだけで味わってみても美味でした! 

むしろそうめん用のカレーなのでは?

無印良品の公式サイトには、おすすめのアレンジレシピとして、そうめんのつけダレが紹介されていました。カレーうどんやカレー蕎麦などは聞いたことがありますが、そうめんと合わせてくるとは!
確かに「えびとトマトのカレー」の食感は、スープのようにサラサラ。そうめんの一本一本にルーがよく絡みます。そうめん自体がさっぱりしていて味にクセがないから、ここまで合うのでしょうか。

スルスル食べられるので、暑い夏にピッタリ。これはおすすめです!

ついでに温めてみると…

冷やして食べるためのカレーですが、「やっぱりカレーは熱々でしょ!」というガッチガチの固定観念のもと、電子レンジで温めてみました。

……冷やして食べるカレーは、冷やして食べるから美味しいんです!
商品名/素材を生かした 冷やして食べる えびとトマトのカレー
価格/350円
容量/180g(1人前)
●良品計画
記事の一覧へ