アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
糖質10g以下の「無印良品カレー」を「カリフラワーご飯」にかけて食べてみた

DINING

糖質10g以下の「無印良品カレー」を「カリフラワーご飯」にかけて食べてみた

  • 2022.07.25

来月に行く海水浴に向けて、せっせとダイエット中。食事を制限している時だからこそ、「今日だけはガッツリご飯を食べたい!」なんて日もありますよね。そんな日にピッタリのメニューがあるんです!

ダイエット中に一度は試したい「糖質オフ」な組み合わせ

いつものように無印良品で買い物していると、目に入ってきたのが「糖質10g以下のカレー 欧風ビーフカレー」。こってりしたカレーで糖質がこんなにも少ないとは…。迷わずゲットしました!
商品名/糖質10g以下のカレー 欧風ビーフカレー
価格/350円
容量/150g
糖質/5.9g(150gあたり)
エネルギー/121kcal(150gあたり)

●良品計画
でも、ご飯で糖質を摂ってしまったら意味ないじゃん…と思い、筋トレ好きのパートナーがおすすめしていたトップバリュの「お米のかわりに食べる カリフラワー」も一緒に購入!
商品名/お米のかわりに食べる カリフラワー
価格/268円
容量/300g
糖質/2.1g(150gあたり)
エネルギー/27kcal(150gあたり)

●トップバリュ

カリフラワーのご飯って?

カリフラワーと白米。似て非なるものではありますが、糖質が少ないのが魅力です(150gあたり糖質2.1g)。この数字は通常のお米と比べると、わずか1/25なんだとか。ついでにエネルギーも150gあたり27kcalと、とってもヘルシー。

冷凍状態で販売されているため、好きな量を好きな時に食べられるのも嬉しいポイントです。解凍方法は、お皿に盛ってラップで加熱(500Wで3分40秒)するだけ。時間のない在宅ワーク中のお昼でも手早く調理できます。
電子レンジで解凍後の「お米のかわりに食べる カリフラワー」がこちら! まるでみじん切りした玉ねぎのようですが、匂いはカリフラワーそのもの。ブロッコリー系が苦手な人は、ちょっと食べられないかもしれません。

糖質オフのカレーとカリフラワーご飯を実食!

カリフラワーご飯の上にビーフカレーをかけて、カリフラワーカレーの完成! 
「糖質10g以下のカレー 欧風ビーフカレー」には小麦が使われていないからか、スープカレーに似てサラサラ。普段食べ慣れているカレーに比べると少し薄く感じるものの、味わいは結構な本格派。美味しいです。これで糖質10g以下とは思えません。
少し小さめではあるものの、ビーフもしっかり入っています。オニオンの甘味も感じられ、深みのある味わい。繰り返しになりますが、かなり美味しい! これで糖質オフなら毎日食べたいくらいです。
そして「お米のかわりに食べる カリフラワー」ですが、単体で食べると味はカリフラワーそのもの。はたしてこれがご飯の代わりになるのかと疑問に感じていましたが、カレーと一緒に食べると「これはご飯の代わりになるわ…」と納得。

確かにカリフラワーの甘さは残りますが、そこまで気になりません。米化したオートミールに挫折した筆者ですが、これならご飯の代用として合格です!
記事の一覧へ