アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
有名店のテイクアウトメニュー連載第24回 東京・広尾/和食「つばき食堂」

DINING

有名店のテイクアウトメニュー連載第24回 東京・広尾/和食「つばき食堂」

2021.07.19

新型コロナ感染症が心配で家族で外出して食事はちょっとまだまだ心配という方、多いですよね。そこでおすすめなのが、グルメ有名店が始めたテイクアウトメニュー連載。グルメ通として知られている食作家の園山真希絵さんが実際に食べてレポート。女性ならではの視点でチョイスしたお店は、ママや子供たちの味覚にも間違いなし! 第24回目は広尾にある「つばき食堂」です。

「つばき食堂」さんは、私が1人で通うお店の代表格ですが、伺うたびオーダーしすぎて、毎回「次回こそ食べすぎ飲みすぎに注意しよう」と自分に言い聞かせ、でも、結局、いつもオーダーしすぎてます(笑)。というわけで、今回の取材でも、普段通り欲張りましたが、後悔ゼロです。なぜならば、どれも真心と美味しさが詰まってるから。オーダーしすぎてるおかげで、お店のメニューはほぼ制覇してますが、中でも必ず頼んでいるのが、「伴助特大トロ鯖の一夜干し」です。


1
伴助特大とろ鯖の一夜干単品1480円、定食2000円。

ややしっかりめに塩をきかせて、魚専用グリルで皮までパリッと焼き上げられた食べ応え満点のBIG鯖は、脂の乗り具合といい、身の火入れ具合といい、虜になること間違いなしで、単品でも、定食でも食べられますが、それが今年春からテイクアウト可能になったとのこと。しかも、他の店内メニューも、基本的にテイクアウトOKなんです(生物は極力避けつつ…)。大大大好物のトロ鯖以外にも、「お出汁たっぷり卵焼き」「おでん(大根がめちゃくちゃ大きいです)」「とりの唐揚げ」「たこの唐揚げ」「カニクリームコロッケ」「南瓜の煮物」「鮭の甘塩焼き」「きんぴられんこん」「モッツァレラの塩麹焼き」「お豆たっぷりひじき」「お揚げ納豆焼き」「ほうれん草のごま和え」「宮崎牛のステーキ」「肉じゃが」「新潟の美味しいご飯」等…。


2
お出汁たっぷり玉子焼き700円。
3
おでん5種盛り750円。
4
とりの唐揚げ750円。
4
カニクリームコロッケ850円。
5
南瓜の煮物や、その日のおばんざい
5
きんぴられんこん500円。
4
モッツァレラの塩麹漬け600円。
d
お豆たっぷりひじき500円。
d
お揚げ納豆600円。
d
ほうれん草のごま和え500円。

まだまだキリがないほど癒しの家庭料理がお持ち帰りできるので、一人暮らしの方にも、ご家族がいらっしゃる方にも、どんな方でも重宝できます。しかし、まずはイートインで出来立てを堪能してから、テイクアウトして頂けるのがベストです。


ちなみに、「お出汁たっぷり卵焼き」は、カウンターで焼かれている姿を目の当たりにすると、無性に惹かれ、つい「その卵焼きも下さい」と言ってしまうほど、視覚からも魅力されるのですが、食べると、さらに感動が湧き起こります。「お出汁たっぷり」のネーミング通り、口の中で、お出汁がこれでもかってぐらい溢れ出し、卵焼きに突入する前に15品位食べていたにも関わらず、きちんと優しい美味しさを感じるんです。「熱々だから美味しいんじゃないの?」と突っ込まれたら、「いやいや、ところがどっこい、冷めても、また一味違う美味の世界に誘われますよ」と自信を持って言える逸品です。同じ卵焼きなのに、温と冷で、食感と味わいのギャップが楽しいというか…。


3


卵焼き話だけで長くなってしまいましたが、どの料理も心が落ち着くオアシスみたいなものばかりが揃うので、頑張ってるご自身や大切な方へ、ぜひプレゼントしてみて下さい。
そして、一人で物量を食べてる園山真希絵を見かけても、寂しいと思わないで(笑)、声をかけて下さいね(^^)。


 


東京・広尾/和食
「つばき食堂」
Data

☎︎03-5422-8351
東京都渋谷区広尾5-1-23
営業/11:00~22:00LO


業界グルメ通・園山真希絵さん
紹介制飲食店「そのやま」経営者。自ら厨房に立ちながら、ゴーストレストランも手がけ、雑誌やTV出演・著書本出版・商品開発・講演会・料理教室や、メンタル心理カウンセラー・食育アドバイザー・ベビーシッター・六次産業・全国各地の親善大使も務める。YouTube「正義の味塊YouTube」、Instaglam「正義の味塊のインスタ」公開中。


 


01



 

記事の一覧へ