アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
「林修の今でしょ!講座」で紹介のおでん残り出汁カレーが絶品♡おでん出汁レシピも!

DINING

「林修の今でしょ!講座」で紹介のおでん残り出汁カレーが絶品♡おでん出汁レシピも!

2021.07.19

おでんが恋し季節が近づいてきています。家庭でもおでんを食べる回数が多くなるのではないでしょうか?最近では、コンビニのおでんも種類が豊富で人気があります。おでんを食べると最後に残るのは出汁!この出汁も美味しいですが飲むのは抵抗がありますよね。そこで今回2018年11月20日放送の「林修の今でしょ!講座」で紹介された「おでんの残り出汁で作るカレー」を作ってみました!

おでんの出汁で作るカレーの作り方


材料(2人分)


材料


じゃがいも・・・1個
人参・・・2分の1個
玉ねぎ・・・2分の1個
豚こま肉・・・100g
おでんの出汁(残りの出汁)・・・600ml
カレーのルー(市販)・・・40g(2かけ) *今回使用するルーはこくまろ中辛
片栗粉・・・適量
サラダ油・・・適量


1. 野菜を切る


切った野菜

じゃがいも・にんじん・玉ねぎ・豚こま肉を一口大に切っていきます。一口大となっていますが好みのサイズにカットしても大丈夫です!子供がいると小さく食べやすいサイズにカットすることをおすすめします。
 


2. 炒める


炒めた野菜

鍋に油を熱し、切った材料を入れ玉ねぎがしんなりするまで炒めます。玉ねぎが飴色になるまで炒めることで甘味が増します!しかし、焦げやすいので弱火でじっくり炒めることをおすすめします。
 


3. おでん出汁投入


おでんの出汁投入

おでんの出汁を加え、沸騰させます。
 


4. アクを取る


アクを取り、材料が柔らかくなるまで中火で煮ます。強火にすると野菜の煮え方にむらが出ることがあります。
 



5. カレールーを投入
カレールー投入


一度火を止め、カレールーを入れ溶かします。
 


6. 水溶き片栗粉を投入


片栗粉

水溶き片栗粉を入れ、とろみが出るまで中火にかけます。片栗粉となっていますが作った感じでは、片栗粉なしでもとろみが出ました。今回片栗粉の量は、小さじ1に水小さじ1にしています。
 


7. 完成!


カレー


おでんの残り出汁で作ったカレーは、中辛のカレールーで作りましたが子供でも食べられる甘さになりました!辛さが足りない方は、辛口で作ってみても良さそうです。


 


カレー以外にもおでんの残り出汁を使ったアイディアレシピとして、お酒のおつまみにぴったりなチヂミやロールキャベツもおすすめです。ここでは簡単に作れるチヂミの作り方をご紹介します!


おつまみにぴったり!チヂミの作り方


材料


残ったおでんの具材・・・適量
残ったおでんの出汁・・・200cc
片栗粉・・・20g
薄力粉・・・100g
ごま油・・・大さじ1
焼く用の油・・・少量
 


作り方


1. だま防止のため粉類を混ぜる
液体と一緒に混ぜるとだまができやすいので、先に片栗粉・薄力粉を混ぜ合わせる。


2. おでんの残り出汁投入
だまができないように混ぜ合わせる。


3.具材を刻む
具材を小さく刻む。チヂミは薄いのでなるべく細かく刻むことをおすすめします!


4.混ぜる
切った具材を2の生地に入れ混ぜ合わせる。


5.焼く
フライパンもしくは、ホットプレートに油を敷きお玉1杯分を中火から弱火で3分くらい焼く。ポイントは、薄く焼くので素早く広げる!


6.完成!
両面が狐色になると完成です!おでんの出汁が効いているので、何も付けなくても美味しく食べられます。



 


おでんの作り過ぎが怖くない!


おでんは沢山の具材をついつい入れ過ぎてしまい余ることもしばしば。しかし、リメイクできるレシピを知ることで作り過ぎても安心です!寒い季節は、おでんで温まるのも悪くないですよ。


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ