アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
テイクアウトメニュー連載第53回東京・自由が丘/「GOOD CHEESE GOOD PIZZA」

DINING

テイクアウトメニュー連載第53回東京・自由が丘/「GOOD CHEESE GOOD PIZZA」

  • 2021.05.21

新型コロナ感染症が心配で家族で外出して食事はちょっとまだまだ心配という方、多いですよね。そこでおすすめなのが、グルメ有名店が始めたテイクアウトメニュー連載。グルメ通として知られている食作家の園山真希絵さんが実際に食べてレポート。女性ならではの視点でチョイスしたお店は、ママや子供たちの味覚にも間違いなし! 第53回目は東京・自由が丘の「「GOOD CHEESE GOOD PIZZA 」を紹介します。

5月某日。今日のこの時間ならそんなに混んでないだろうと、「GOOD CHEESE GOOD PIZZA 」自由が丘店さんの階段を3階まで上がっていくと、、、大行列…。噂には聞いていたものの、こんなに満員御礼とは…。こちらの開店は2020年7月17日ですから、約1年が経とうとしてますが、オープン当初から変わらない人気振りは圧巻です。


1
お店の看板スタッフさん。

"フレッシュチーズの美味しさと楽しさを毎日に”がコンセプトになったチーズ工房&ピッツァダイニングですが、毎朝、清瀬の牧場から届く搾りたて生乳で作るチーズ工房が日比谷の店内に併設されてます。しかも、ピッツァに使われるチーズも、その出来たてのフレッシュチーズなんです。


1号店は東京ミッドタウン日比谷にあり、自由が丘店同様、連日行列の超人気店ですが、毎日、日比谷店に新鮮な牛乳が届くそうで、そちらで「カード(タンパク質と乳脂肪などを固めたチーズの原料)」まで製造して、自由が丘店に運ばれてくるとのこと。


因みに、テイクアウト可能なフレッシュチーズは3種あり、まず1つめは、「ノディーニ」と呼ばれる結び目スタイルのモッツァレラ。90℃以上の熱湯を注いで何度も練りながら、一つにまとめていく工程を経て珠玉の「モッツァレラ」になっていきますが、しっかり練りこまれるせいか、出来上がりは、ピカピカ&ムチムチで、まるで作り立ての鏡餅みたいなんです(^^)。噛むと、物凄い弾力とコシで…。逞しさを感じる力強さがあるため、食べてパワーが漲ると言いますか…。オリーブオイルをかけて頂いても最高です。


2
テイクアウト可能なフレッシュチーズ3種。
3
ノディーニ800円。
4
ノディーニにオリーブオイルをかけた写真。

2つめは、一度食べると忘れられない印象を与えてくれる「ブッラータ」です。先程のモッツァレラの生地で、“ストラッチャテッラ”と呼ばれる繊維状にしたモッツァレラと生クリームを混ぜ合わせたものが包まれているのですが、ナイフを入れると、コクのある生クリームがジュワッと流れ出て、視覚からも食欲を唆られます。しっかりした周りのモッツァレラと、中身のトロッとクリーミー感のコントラストにメロメロになります(^^)。


3
ブッラータ1200円。
4
中からストレッチャテッラが流れ出した写真。

そして3つめのチーズは、2種のパワフルなチーズ達と個性が真逆(?)な「リコッタ」です。くどさのないお淑やかな甘さにも魅力されますが、栄養価も豊富なホエー(乳清)で作られ、おぼろ豆腐のようなフワッと柔らかい食感で、途中で、ハチミツをかけると、ホワホワのデザート(レアチーズケーキ)に変身するんですよね。いずれのチーズも、保存料や添加物を一切使用せず、それぞれミルクのピュアな美味しさと洗練されたチーズの味わいを楽しめます。食べた人のみぞ知るハイクオリティなフレッシュチーズだと思いますが、「関東ナチュラルチーズコンテスト」と「JAPAN CHEESE AWARD」で受賞なさったチーズばかりというのも納得です。


3
リコッタ650円。

また、そんな優等生チーズを使ったピッツァも抜け目がなく、店内奥に設置されているイタリア製のピザ窯は、かなり画期的なハイテク窯で、イタリア北部ヴェネトに本社を置く「Marana FORNI」社の炉床が自動で回転するタイプの最新の窯なんです。しかも、ピッツァ生地も自家製というこだわりぶり。


4
最新のイタリア製のピザ窯。

欲張りな私は、食べたいピッツァがありすぎて、ほぼハーフアンドハーフで頂きましたが、やはりピッツァときたら、「マルゲリータ」ですから、そちらは必須でチョイスし、「アルピーノ」を相方に抜擢しました。「アルピーノ」という名前は、「山のチーズ」という意味がありますが、具材は、つくりたてモッツァレラと、共働学舎のラクレットと熟成ハードチーズ、ニセコチーズ工房のブルーチーズ・ガーリックオイルというラインナップ。これはもうチーズを愛好家にはたまらないですよね。いわゆる「クアトロフロマッジォ」ですが、塩気やチーズの量など、トータルバランスが絶妙で、一般的なチーズピッツァとは一味も二味も考え尽くされている気もします。おうちでワイン(白も赤も合います)に合わせて食べたくなってました…(o^^o)


3
マルゲリータ1400円とアルピーノ2600円。

さらに、季節限定ピッツァもユニークで美しいものが揃ってますので、その季節でしか出逢えないピッツァもお見逃しなくです。


4
季節限定ピッツァ2種(春野菜のベジパーク2200円、ムール貝と菜の花 岩のりのロッソ2400円)。

もしイートインのみで楽しむなら、「ストラッチャテッラ」と「マルゲリータ・ブッラータ」も逸品中の逸品ピッツァです。前者は、ブッラータに詰まっているクリーミーな部分「ストラッチャテッラ」がルッコラやトレビス等と散りばめられ、サラダ感覚なピッツァで、なかなかよそ様のナポリピッツァ店では食べられないはずです。後者は、トマトソースを塗って焼いた生地に、セルバチコ・チェリートマト・生ハムを乗せて、コロンとしたブッラータを中央に置いたものですが、ブッラータをカットして、ストラッチャテッラを全体に広げて頂くと、何ともリッチな気分に浸れるんです…。全てチーズ料理なのに、思わず何種類も一気に頬張ってしまいましたが、それだけ飽きのこない新鮮チーズ料理ということです。


4
マルゲリータ・ブッラータ(イートインのみ)2200円。

「GOOD CHEESE GOOD PIZZA 」という名の通り、チーズもピッツァもGOODですから、こちらのチーズ達を体感すると、他のフレッシュチーズに違和感を抱くかもしれませんが、ホンモノを知ることって、生きる喜びや幸せにも繋がるはずなので、大切な方や、大切な自分に贈ってあげて下さいませ。きっとますます人生がうるおうはずです。


東京・自由が丘/イタリアン
「GOOD CHEESE GOOD PIZZA (グッドチーズ グッドピザ)」
Data
☎03-6455-2253

東京都目黒区自由が丘2-17-8 3階
営業/11:00~15:00LO、17:00~21:30LO
土曜・日曜・祝日11:00~21:30LO
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
定休日/なし


業界グルメ通・園山真希絵さん
紹介制飲食店「そのやま」経営者。自ら厨房に立ちながら、雑誌やTV出演・著書本出版・商品開発・講演会・料理教室や、メンタル心理カウンセラー・食育アドバイザー・ベビーシッター・六次産業・全国各地の親善大使なども務める。YouTube「正義の味塊YouTube」公開中。新刊著書「大切な人と大切な自分に贈りたい365日の愛言葉」、好評発売中。公式HP(https://makiesonoyama.com/)。


3

記事の一覧へ