アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
思わず買いたくなる!100均「シルク」の売り方がすごい!

LIFE

思わず買いたくなる!100均「シルク」の売り方がすごい!

  • 2021.10.18

大阪・北区にある、日本一長いと有名な「天神橋筋商店街」。とにかくこの商店街は「安い」「うまい」「おもしろい」がぎゅっと詰まっています。その中にある100均「シルク」もその一つ。通常の100均ショップとはちょっと違った……いや、かなり違った売り方で目を留めずにはいられない手書きポップが特徴的です。今回は、100均ショップ「シルク」のポップのおもしろさをレポートしたいと思います。

商品に込められた思いが溢れた店内

店外にびっしり貼り巡らされた手書きポップの数々。よく見るととてもおもしろい言葉が書かれているのに足が止まります。商品の詳細を書いているものもあれば、売れる理由を書いていたり、100円ショップ選びの法則を書いていたり、実にユニークなポップが店外、店内のいたるところに貼ってあります。一つひとつの手書きポップには、商品に対する愛情が込められているように感じました。

これを書いた店主の思いとは

こちらを書いたのは、店主の高田さん。通称「シルクおやじ」と呼ばれ、以前は「おもしろい店がある」とテレビや雑誌に取り上げられていたようです。高田さんはある本を読んだことがきっかけで、「この商品が売れるにはどうしたらいいか」を常に考えるようになり、どんどん言葉が降ってきたそう。思いついたことはメモに控え、即実行に移していたようです。

高田さん曰く「最初の言葉で引き込む」という言葉どおり、店外に貼ってあった「シルクおやじのズバリ言うわよ」という言葉だけでもずいぶん引き込まれました。そのあとに続く商品の説明を読むと、商品をじっくり見なくてもこれがどんな商品なのかわかります。

商品も自分も売り込む

商品のことをしっかり売り込む言葉はもちろん、ご自身のことを少しだけ売り込んでいる言葉もおもしろいです。「100円ショップえらび 7つの法則」の最後にある「おまけ一つ おやじがおもろい」というのも真面目なことを最初に語りつつ、最後のオチを作っているのはさすが関西だと感じました。

読むだけでワクワクするお店

店外も店内も商品よりもポップの方が目立っている100円ショップ シルク。売りたい目標や赤字覚悟など思い切った言葉も直球で書かれていて、「ププッ」と笑いつつもどこか「へぇ」と思ってしまいます。ついつい「じゃあ買おうかな」という気にさせてくれます。現代にはなかなかないお店に、ぜひ足を運んでみてください。
店名/100円ショップ シルク
住所/大阪府大阪市北区天神橋6-4-9

●100円ショップ シルク
06-6355-7620
記事の一覧へ