アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【キャンプ&車中泊】布団感覚で「寝袋」選び!ぐっすり眠れるおすすめ3選

LIFE

【キャンプ&車中泊】布団感覚で「寝袋」選び!ぐっすり眠れるおすすめ3選

  • 2022.09.22

身体を動かして疲れがちなキャンプシーンで重要なのが寝袋。疲れを癒してくれる封筒型シュラフ(寝袋)なら、寝る時に幸せ! しっかり熟睡もできますよ。

丸洗いできて布団のような寝心地が味わえる封筒型シュラフ3選

5cm厚のマット付きで冬場の睡眠も快適

引用元/スノーピーク。
スノーピークの「グランドオフトン シングル1000」は、マットの上から直接布団のように被せて使用する新しい寝袋です。しかも、ただ上に掛けるだけではありません。肩部分にはダウンチューブが入っており、冬場の冷気の侵入を防いでくれます。
引用元/スノーピーク。
両サイドと足側には折り返しがついており、寝返りをしても隙間が生じにくい仕様に。下限温度-15℃だから、凍てつくような寒さの中での使用にも耐えます。しかも丸洗いOK!
引用元/スノーピーク。
インフレータブルマットは厚さ5cm。地面の凹凸が気にならず、冷気もシャットアウトしてくれるので、冬空の下でも快適な睡眠をサポートしてくれます。収納ケースはポンプとして使用できるため、マットの空気入れもラク!
商品名/グランドオフトン シングル1000[下限温度-15度]
価格/6万4680円
サイズ/(掛け布団)110×180cm、(マット)77×198cm
重量/(掛け布団)2.6kg、(マット・収納ケース)2kg
セット内容/掛け布団、マット、掛け布団用収納ケース、マット用ポンプ収納ケース
●スノーピーク

着脱可能なレイヤー構造で4シーズン使える

引用元/ニューウェルブランズ・ジャパン。
キャンプを楽しむのは夏だけではありません。コールマンの「マルチレイヤースリーピングバッグ」は分割可能な3枚のレイヤーを組み合わせて使うことができるので、着脱することで1年中快適に使用できる優秀寝袋です。
引用元/ニューウェルブランズ・ジャパン。
3枚のレイヤーを全て組み合わせると、下限温度-11℃まで対応可能。1枚だけの使用なら下限温度6℃と、肌寒い秋口にちょうど良い寝心地です。

横幅が90cmとゆったりサイズなので、体格が良い方や布団のように寝返りしたい方にもおすすめ。洗濯機で丸洗いできるので、汗や皮脂で汚れてしまっても衛生的に管理できます。
引用元/ニューウェルブランズ・ジャパン。
商品名/マルチレイヤースリーピングバッグ
価格/1万4900円
サイズ/(使用時)約90×200cm、(収納時)約52×29×38cm
重量/4.9kg
材質/ポリエステル
付属品/収納ケース
●ニューウェルブランズ・ジャパン

家族キャンプに使いやすい連結型

ファミリーキャンプでの使用を考えている方におすすめしたいのが、ロゴスの「丸洗いスランバーシュラフ」。同じ型番のシュラフなら連結可能なので、子供やペットとの就寝に便利です。

こちらも洗濯機で丸洗いできるため、汚れてしまったり焚き火の煙の匂いがこびりついてしまっても大丈夫。
エアガードシステムにより、ジッパー部分からの冷気の侵入をシャットアウト。内部の保温性を高めてくれます(適正温度2℃)。

ハンガーループがついているので、洗濯後や使用後に吊るしておくことで湿気取りもスムーズにできます。
商品名/丸洗いスランバーシュラフ・2
価格/オープン価格
サイズ/約190×80cm、(収納時)/約27×27×38cm
総重量/約1.8kg
材質/(表・肌面)モイスポリ、(中綿)ダイナチューブファイバー
●ロゴス
記事の一覧へ