アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【リュウジさんのレシピ】夏バテを吹っ飛ばす「至高の冷しゃぶサラダ」でヘルシーメニュー

DINING

【リュウジさんのレシピ】夏バテを吹っ飛ばす「至高の冷しゃぶサラダ」でヘルシーメニュー

  • 2022.08.02

料理研究家リュウジさんのバズレシピを参考に「至高の冷しゃぶサラダ」を作ってみました。身近な材料で、お店のような味わいが楽しめると好評のリュウジさんレシピ。今回は、暑い夏でも食欲がすすむ、シャキシャキ水菜と冷豚しゃぶのさっぱり美味しいレシピです。さっそくいただきます。

ごまダレがポイント!野菜たっぷり冷しゃぶサラダの作り方

「至高の冷しゃぶサラダ」のレシピ

【材料】
豚バラ肉 250g
水 800cc
鶏ガラスープの素 小さじ2
水菜 約200g
みょうが 3個
★しょうゆ 大さじ2
★ねりごま 大さじ2
★酢 大さじ1と1/2
★砂糖 大さじ1と1/2
★ごま油 大さじ1
★味の素 5振り
ニンニク 1/2片
ラー油 適量
【作り方】
1.水菜の下準備
水菜を3~4cm幅に切り、水(分量外)に浸けておきます。

2.みょうがの下準備
みょうがを半分に切り、斜めに千切りにします。

3.ニンニクの下準備
すりおろししやすいように、ニンニクの皮を剥いておきましょう。

4.豚バラ肉を茹でる
豚バラ肉を3~4cm幅に切り、鍋に水を入れて沸かし、鶏ガラスープの素を入れます。豚バラ肉をほぐしながら赤身が無くなるまで茹で、バットに取り出します。

5.豚バラ肉を冷やす
バットにラップをかけて、冷蔵庫または冷凍庫で豚バラ肉を冷やします。

6.ごまダレを作る
ボウルに★とニンニクをすりおろして入れ、よくかき混ぜます。

7.水菜の水気を切る
水に浸けておいた水菜をサラダスピナーを使って水気を飛ばします。 ※我が家はスピナーが無いのでザルで水切りしました。

8.具材を混ぜる
サラダスピナーの器、または深めのボウルに水菜、みょうが、豚バラ肉を入れて混ぜ合わせ、ごまダレを適量入れて混ぜます。 ※ごまダレは全て入れると濃い味になるので、少し残すのが丁度いいそう!

9.盛り付けて完成
皿にサラダを盛りつけ、お好みで残りのごまダレとラー油をかけて出来上がりです。

「至高の冷しゃぶサラダ」レシピのワンポイント

豚バラ肉を茹でる際に「鶏ガラスープの素」を入れると風味豊かに茹で上がります。豚肉独特の臭みも取れるような気がしました。
茹でた豚バラ肉は、水で締めずに湯切りして、そのまま金属バットに並べて冷やすのがポイント! 豚肉の旨みが凝縮されるそうですよ。

「至高の冷しゃぶサラダ」そのお味は?

色鮮やかな冷しゃぶサラダが完成! ごまダレの香りが食欲をそそります。水菜を水に浸けておいたことで、シャキシャキ感が増して歯ごたえがバツグンの印象。そこに、みょうがの爽やかな風味がプラスされ、夏らしいサラダだと感じました。

そして、驚いたのは豚バラ肉とごまダレの相性がとても良いこと! これまでも冷しゃぶサラダにはごまダレが定番でしたが、リュウジさん考案のこのごまダレは、水っぽさが無くてサラダや豚バラ肉にしっかりと絡み、統一感のある味わいでした。

ほどよくお酢の酸味も感じられるごまダレで、味にしつこさが無く食欲増進効果バツグン! 夏バテ予防にぴったりなレシピですよ。ぜひみなさんも作ってみてはいかがでしょうか。
原 結
食べ歩きや旅行、アウトドアが大好きなアクティブ系女子。旅先でもショッピングは二の次、自然とのふれあいを求めてしまうタイプです。話題のレシピや新商品のレポートなど毎日の暮らしに役立つ情報をお届けします。
記事の一覧へ