アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
ホワイトビールの華やかさでノンアルコールテイスト「ヒューガルデン ゼロ」を飲んでみた

DINING

ホワイトビールの華やかさでノンアルコールテイスト「ヒューガルデン ゼロ」を飲んでみた

  • 2022.09.27

ホワイトビールの世界的ブランドとして約600 年の歴史を持つHoegaarden(ヒューガルデン)。そんな老舗がノンアルコールテイストの「Hoegaarden 0,0(ヒューガルデン ゼロ)」をリリース。ビールが好きな筆者の目線で試してみました。

ノンアルビールテイスト市場に、ホワイトビールテイストが参入

ノンアルテイスト市場が活況です! 低カロリー、オーガニック、高品質、機能的といった時代のニーズも相まってでしょうか、ある調査によれば、ノンアルコールテイスト飲料市場はこれから大幅な成長が見込まれるとも言われます。

そんなトレンドなのか、新しいタイプのノンアルコールビールテイスト飲料「Hoegaarden 0,0」(ヒューガルデン ゼロ)が出ました。
ベルギーの洗練されたデザインのパッケージ。
ベルギーのブリュッセル、その東にあるヒューガルデン村を発祥とするエールビール。そこでは世界的に有名なホワイトビール「ベルギーホワイト」が作られていますが、そんな由緒あるブランドがリリースしたノンアルコールビールテイスト飲料です。

ホワイトビールのテイストで、「特有の清涼感、爽やかでフルーティーな味わいは、どんなフードとも相性が良く、食事やリラックスタイムに、普段ビールを飲まない方や女性にもおすすめです」(HPより)という特徴に、心惹かれて「プシュ」っとプルトップを開いて、いざ試飲。
グラスは冷凍庫でキンキンに冷やしました。

フルーティーなのに、しっかりビアテイスト

キンキンに冷えたグラスにゆっくりと注ぐと思ったよりも軽くていい泡立ち。スッキリしたイエローで、まさにホワイトビールです。

ひと口目の第一印象は、あの「ヒューガルデン」そのものです。「なんて爽やかなんだろう!」というスパイシーさとフルーティーな甘さが美味しい!ノンアルテイストだけど、イケる!

アルコール度数ゼロながら、ホワイトビールのテイストをしっかりと感じさせてくれるので、納得感のある味わいです。
泡立ちはいいのですが、軽いのですぐに泡の層は、6:4から8:2くらいの比率に変わりました。

休日の昼下がりのパーティーやビジネスのランチミーティングに

料理にも合う口当たりとのどごしのスッキリ感。
引用元:ヒューガルデン。
「ヒューガルデン ゼロ」は、エールビール市場を拡大させるのに役立つような気がしています。

健康ブームでアルコールを避けてきた人や、エールビール自体にあまり馴染みのない人、さらにビールが苦手だった人たちにもアプローチできそうなテイストだと思えます。

休日の昼下がりのホームパーティーなら、誰もが華やかなグラスを手にすることができて、いい演出を果たすでしょうし、ビジネスのランチミーティングなら「気が利いてるね」と会話が弾むかもしれません。

ノンアルコールビールテイストは、まだまだ大きな可能性を秘めていると実感しました。こういうテイストがあるなら、これからもいろんなノンアルコールビールテイストにも期待大です。
昼下がりのホームパーティーやランチミーティングにもGood!
引用元:ヒューガルデン。
品目は「炭酸飲料」。パッケージの裏面は急にジャパニーズテイストです。上手な注ぎ方も表記されています。
商品名/ヒューガルデン ゼロ(Hoegaarden 0.0)
価格/オープン
原材料/大麦麦芽、小麦、液糖、コリアンダーシード、オレンジピール、ホップ、酵母/炭酸、pH調整剤、香料、増粘剤(ペクチン:りんご由来)
アルコール度数/0.0%
容量/330ml
醸造所/ヒューガルデン
原産国/ベルギー
鶴田茂高(ツルタシゲタカ)
気持ちいいと感じた音を多くの人に伝えたいと願う音楽愛好家。グルメ、酒、ファッション等もお伝えします。
記事の一覧へ