アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
有名店のテイクアウトメニュー連載第6回 東京・中目黒/中華「點心飲茶酒館 祥門」

DINING

有名店のテイクアウトメニュー連載第6回 東京・中目黒/中華「點心飲茶酒館 祥門」

  • 2020.06.19

新型コロナ感染が心配で、家族で外出して食事はちょっとまだまだ心配という方に向けたのが、このグルメ有名店が始めたテイクアウトメニュー連載。グルメ通として知られている食作家の園山真希絵さんが実際に食べてレポート。女性ならではの視点でチョイスしたお店のメニューは、ママや子供にも大満足間違いなし。第6回目は、味はもちろん、そのコストパフォーマンスの良さでは大人気の中華、東京・中目黒の「點心飲茶酒館 祥門」をご紹介。

「今までに食べてきた点心でどこが一番だと思いますか?」と質問されたら、「中目黒の祥門さんです」と答えるほど、私のイチオシ店なんです。美味しい点心を食べられるお店は他にもありますが、全て手間暇かけた手作りで、ここまでコストパフォーマンスも良いお店って、なかなか見当たらないですよね。なかでも、名物の代表格でもある「台湾小籠包」は、手作りの皮生地を一晩寝かせて熟成させた後、丁寧に伸ばし、超薄皮に仕上げられています。そのモッチリした皮で包みこまれたコラーゲン豊富な鶏脂スープと、まったくくさみのない豚肉あんとのバランスが超絶素晴らしいんです。少し箸で生地を破り、スープを飲んでから熱々のまま頬張ると、中から自然な甘みあるコラーゲンスープと豚肉の風味が口中にじゅわ〜っと広がり、至福の美味しさが口中を支配するんです。


01
小籠包(3個)360円。

他にも、まるでお菓子のようなパリパリの皮が特徴的な「羽根付き餃子」や、熱すぎてビックリなほどの「焼き小龍包」、ぷりっぷり海老とモチモチ皮がウリの「海老蒸し餃子」、見た目も愛くるしい「パンダまん(あんまん)」等、まだまだ手作り点心が揃いますが、無添加でこの旨味を引き出すとは圧巻です。さらに、そんな点心のみならず、山椒の刺激が後押しする「麻婆豆腐」に、甘辛さが絶妙な「えびチリ」、まさによだれが出そうな「四川よだれ鶏」etc...、お酒にもご飯にも合う一品達が充実しすぎて、毎度のことながら食べ過ぎてしまいます。何度食べても飽きないものばかりですが、極め付けは、台湾ローカル炭水化物のアイドル的な「魯肉飯(ルーローハン)」。豚ひき肉とバラ肉の甘辛炒め(八角風味)がご飯にドバッと乗り、煮卵(半分サイズが入ってますが、1個丸ごと食べたいぐらいハマります)が添えられてますが、是非トライしてほしい逸品なんです。


03


04
羽根つき焼き餃子(4個)390円。
05
特級點心六種盛り1090円。
05
パンダまん(あんまん)230円。
07
四川麻婆豆腐 560円。
08
えびチリ690円。
09
四川よだれ鶏590円。
10
ルーローハン500円。

これら全てテイクアウト可能なので、私みたいに欲張って購入なさってみて下さい(笑)でも、どれもありがたいほどリーズナブルなので、お財布にも優しく、買い過ぎてもハラハラしません(笑)そんなカジュアルで優しさに満ちた本格的台湾点心居酒屋は、天使みたいなお店です(^^)。


東京・中目黒/中華
「點心飲茶酒館 祥門」
Data

☎︎03-3710-7086
東京都目黒区上目黒2-12-1アックスビル中目黒1階
営業/11:00〜14:00 16:00〜23:30LO
土日祝日11:30~21:30LO
定休日/無休


 


業界グルメ通・園山真希絵さん
紹介制飲食店「そのやま」経営者。自ら厨房に立ちながら、ゴーストレストランも手がけ、雑誌やTV出演・著書本出版・商品開発・講演会・料理教室や、メンタル心理カウンセラー・食育アドバイザー・ベビーシッター・六次産業・全国各地の親善大使も務める。


01

記事の一覧へ