アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
有名店のテイクアウトメニュー連載第26回 東京・目黒/鉄板焼き「やすむら」

DINING

有名店のテイクアウトメニュー連載第26回 東京・目黒/鉄板焼き「やすむら」

  • 2020.11.07

新型コロナ感染症が心配で家族で外出して食事はちょっとまだまだ心配という方、多いですよね。そこでおすすめなのが、グルメ有名店が始めたテイクアウトメニュー連載。グルメ通として知られている食作家の園山真希絵さんが実際に食べてレポート。女性ならではの視点でチョイスしたお店は、ママや子供たちの味覚にも間違いなし! 第25回目は東京・目黒にある「やすむら」です。

「え、これがタコ焼き!?」と、一瞬、目を疑う「名物!鉄板タコ焼き」は『やすむら』さん8大名物の1つですが(名物がありすぎるんです笑)、いわゆるタコ焼きと作り方も姿形も違い、でも、食べるとタコ焼きなんです…。出来立ての美味しさはもちろん、冷えても、熱々の時とは、また異なる食感に変身しながらも、タコの存在感と味わい共にしっかり生きたままで…。


1
名物!鉄板たこ焼き680円。

なので、テイクアウトもオススメというわけです。 ただ、言葉ではうまく伝えられないので、皆様、まずは鉄板の前で、そのタコ焼きができるまでをご覧頂き、その場で召し上がってから、お持ち帰りもなさってみて下さい(o^^o)。


2


タコ焼き以外も、鉄板で手際良く作って下さる名物料理がいくつもあり、例えば、「焼きそば」(塩焼きそば・豚焼きそば)や「お好み焼き(豚玉・すじ玉等)」、「そばめし」「豚キムチ」「鰯のパン粉焼き」「その日の魚介焼き」「フォアグラトリュフごはん」「フランス産鴨肉のソテー」等…。


3
豚焼きそば850円。
4
すじモダン焼き1200円。
5
すじ玉1000円。
6
鰯のパン粉焼き880円。

さらに、「特選ステーキ」も王様級の名物でもあります。旬野菜とステーキの肉汁を染み込ませたトーストと合わせて提供されますが、これがまた贅沢の極みなんですよね。。。


通常、鉄板焼きで、ヘビーなものを食べすぎると、胃もたれしがちですが、こちらは、シンプルな味付けで化学調味料も使わず、お好み焼きも粉が少なめで、とろろも絶妙な配合で加えられていたり、ステーキも融点の低い「宮崎尾崎牛」がメインで使われているせいか、胃に負担がかかってこないのも素晴らしいポイントです。


7
特選ステーキ(イチボ80g)焼き野菜・トースト付き2400円、特選ステーキ(フィレ80g)焼き野菜・トースト付き3800円。

また、鉄板料理以外では、「自家製有機豆乳豆腐」も、訪れる度にオーダーしている逸品ですが、そんなお豆腐からお好み焼き、ステーキまで食べられて、しかも、生物以外はどれもテイクアウト可能な上、テイクアウト専門のお弁当(事前予約です)まで作って下さるので、普段使いから記念日に、且つ、お財布具合によっても、様々な用途で重宝できるんです。


9
テイクアウト専門のお弁当1800円〜。

そして、安村さんを筆頭に、スタッフさん達もお日様みたいに温かいのも、沢山の方から愛される理由です。
愛情たっぷり『やすむら』さん、近所に引っ越してきてほしいです(^^)。


東京・目黒/鉄板焼き
「やすむら」
Data

☎︎03-6388-9348
東京都目黒区下目黒2-17-22
営業/18:00〜24:00
定休日/不定休


業界グルメ通・園山真希絵さん
紹介制飲食店「そのやま」経営者。自ら厨房に立ちながら、ゴーストレストランも手がけ、雑誌やTV出演・著書本出版・商品開発・講演会・料理教室や、メンタル心理カウンセラー・食育アドバイザー・ベビーシッター・六次産業・全国各地の親善大使も務める。YouTube「正義の味塊YouTube」、Instaglam「正義の味塊のインスタ」公開中。


01



 

記事の一覧へ