アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
【おにぎり探訪】大阪で見つけた「オコメノカミサマ」で食べる新感覚「おむすび」

DINING

【おにぎり探訪】大阪で見つけた「オコメノカミサマ」で食べる新感覚「おむすび」

2021.08.03

おにぎり好きな筆者が大阪で見つけた、ちょっと風変わりなおにぎり。「オコメノカミサマ」というパンチのあるお店が提供するおにぎりセットをテイクアウトしてみました。こんなおにぎり、いや、「おむすび」の食べ方もおもしろいな…。そんな新感覚のテイクアウトです。

お米を象徴するかのような真っ白な外観

まるでお米を象徴するかのような真っ白な建物が目印の、オコメノカミサマ。大阪府大阪市都島区にあり、大阪メトロ 都島駅から徒歩1分の場所にあるラーメン店です。

メニューはラーメンとおむすびがメイン。ラーメンのスープにはお米を溶かし込んだ出汁を使い、麺は米粉を使用。ラーメンのトッピングに小さなおむすびがちょこんとのった「神様からの贈り物ラーメン」が、看板メニューです。

店内は白を基調としたカフェのような内装ですが、どこか海外のお城のような雰囲気も醸し出しています。白い壁にはプロジェクションマッピングが映し出され、「ここはラーメン店?」と思わせるような不思議な感覚のお店です。

そしてなんといっても、ラーメンの上にのったおむすびには、ビックリ。おにぎりに使われているお米は、契約農家さんのこだわりのお米を使用し、羽釜で炊いたツヤツヤの銀シャリで握られているとのこと。おにぎりアンテナにビビッときた筆者。まずは単品で食べてみたい! 

そもそも「おにぎり」と「おむすび」、どっちが正しいの?

ということで、手のひら大のおにぎりが3個セットになった「お持ち帰りおむすび」をゲット。ん? 商品名を見て、筆者のおにぎりアンテナが激しく動きだしました。おにぎりとおむすび。この違いは、一体何なのでしょうか。

調べてみたところ、おにぎりの良さを国内外に発信している、一般社団法人おにぎり協会によると、おにぎりとおむすび、さらににぎりめしは「(どれも同じもので)明確な違いはない」とのこと。

東日本では「おにぎり」、西日本では「おむすび」と呼ぶ俗説もあるようですが、実ははっきり分かれてはいないのだとか。

とはいえ、オコメノカミサマは大阪にあるので、その俗説をちょっと信じてしまいたくなりました。

ちなみに、九州、沖縄では「にぎりめし」や「にぎり」と呼ばれることが多いのだとか。地域や人によって呼び方は違えど、日本人のソウルフードであり続ける、おにぎり。奥深いですね!

新感覚で食べるテイクアウト3個セット

ということで、気を取り直して「お持ち帰りおむすび」をいただきます。
商品名/お持ち帰りおむすび
価格/300円
この大きさにして300円という価格がとてもリーズナブルです。よく見ると、具が別添えになっていました。最初、付け合わせ的なものかと思ったのですが、どうやら鮭とツナが2つ入っている模様。さて、どのように食べるべきか、数秒考え込んでしまいました。

とにかく食べてみよう!

まずは具なしでシンプルにお米を味わってみる

開けると3個ぎっしり。別添えになっている海苔は有明産で全てが別々になっています。
まずはシンプルに塩むすび。高知県の天日塩を使用した塩むすびは塩が効きすぎず、お米の旨みが感じられました。ふんわり感も多少ありますが、ぎっしりと握られている印象です。

別添えの具をのせて味わうおにぎり

最初一番上にのせて食べるのがいいのか、先に具を食べてから食べるのがいいのか悩んだ挙句、真ん中にたっぷりのせて食べることにしました。別添えなので、自分の好きな量だけのせて食べられるのは、なんだか嬉しい気分です。

こちらのツナは、マグロとオリーブオイルで作った自家製なのだそう。ペッパーが強めに効いていて、食べ応えがあります。ちなみに、マヨネーズも自家製で、オリジナル尽くしなツナおにぎりは絶品でした。
続いて鮭。鮭は一番上にのせていただきました。具も大きくふんわりした身は、鮭の独特の臭みがなく美味しい! 特に、何か味付けをしているような感じはなく、シンプルに鮭の味を引き出している味わいです。

お米も具も自分で好みで食べられる

具をのせて食べたり、塩むすびで食べてみたり、はたまた具だけで食べてみたり…。具が別添えになっていることでいろんな食べ方ができるおにぎりでした。今度はぜひ、おむすびがのっているラーメン「神様からの贈り物ラーメン」にチャレンジしてみたいと思います。

道面梓
ファッションと銭湯と本と白ごはんを愛するwebライターです。最近は銭湯に行けていないので、自宅でバスタイムを楽しんでいます。本を読みながらお風呂は至福の時間です。

店舗情報
店名/オコメノカミサマ
住所/大阪府大阪市都島区都島本通3-22-6
TEL/06-6923-7924
営業時間/平日 11:00~15:00(14:30 LO)17:30~22:00(21:30 LO)、土曜日・日曜日・祝日 11:00~LO 21:30
定休日/なし
※営業時間等は変更になる場合があります。
記事の一覧へ