アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
ダイソー新ブランド「スタンダードプロダクツ」でちょっといい木の香りを3つ買ってみた

LIFE

ダイソー新ブランド「スタンダードプロダクツ」でちょっといい木の香りを3つ買ってみた

  • 2022.06.26

2021年3月、東京・渋谷に1号店がオープンしたダイソーの新ブランド「スタンダードプロダクツ」。「ちょっといいのが、ずっといいい」をコンセプトに、ベーシックかつ長く使えるプロダクトを提案しています。今回は、100均には無い国産木材を使ったアイテムを3つ買ってみました。

ダイソーから生まれた「スタンダードプロダクツ」とは?

「スタンダードプロダクツ」は環境に優しくサステナブルな製品を取りそろえた、ダイソー発の新ブランド。100均ショップの店内とはガラリと趣を変え、自然との共生や職人のものづくりなど、プロダクトが生まれた背景にクローズアップしています。

なかでも注目したいのが、アロマブロック、カトラリー、エッセンシャルオイルといった木材加工品の数々。間伐材などの国産木材や使用済みのウイスキー樽のチップを有効活用し、日々の暮らしに役立つプロダクトに仕上げています。

国産木材・間伐材を使用した“香り”アイテムたち

今回買ってみたのは、次の3つです。

・組み立てスマホスタンド
・ヒノキのアロマブロック
・ヒノキフレグランスボトル

木の質感と香りに癒される「組み立てスマホスタンド」

国産の間伐材を使用した「組み立てスマホスタンド」。一見どこにでもあるような木製のスマホスタンドですが、開けた瞬間にフワッと香る木に癒されます。
スタンド部分を本体の穴に差し込むだけのシンプルな作りで木肌の質感も抜群。パソコンの横に置いているとほのかに木の香りが漂い、デスクワーク中も癒されます。

商品名/組み立てスマホスタンド
価格/330円

小分けにして置きたい「ヒノキのアロマブロック」

東京都檜原村の間伐材を使用したヒノキのアロマブロック。四角く切り出したブロックをネットに入れただけのものですが、ヒノキの鼻に抜けるような香りが部屋いっぱいに広がります。

そのまま室内に置くのはもちろん、ブロックを小分けにしてクルマの中に吊るしておくのも良さそう。香りが少なくなってきたら、ヒノキオイル(別売り)をプラスして繰り返し使用することができます。
ほかにもトイレや洗面台、玄関、靴箱、クローゼットなど、置き場所は多種多様。ブロックをガラス瓶などに入れてアレンジしても良さそう。

商品名/ヒノキのアロマブロック
価格/330円

お洒落な「ヒノキフレグランスボトル」はトイレや車内にも

丸みのある小さな木材ブロックがボトルに入った「フレグランスボトル」。こちらも香りが少なくなってきたら、ヒノキオイルを垂らして末永く使うことができます。見た目にもスタイリッシュなので、トイレや洗面台、玄関、クルマなどに置くのにちょうど良さそう。

森林浴をしているようなヒノキの香りはリラックス効果も抜群。特にこれからの時期、暑さでぼんやりした頭がスキッとしますよ。

商品名/ヒノキフレグランスボトル
価格/330円
●大創産業
記事の一覧へ