アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【キャンプ】焚き火台の設営は、わずか1分!独自の構造で超コンパクトにたためる

LIFE

【キャンプ】焚き火台の設営は、わずか1分!独自の構造で超コンパクトにたためる

  • 2022.04.14

muracoの「SATELLITE FIRE BASE」は、簡単に設営できてスタイリッシュな焚き火台。それでいて、片手でラクに持ち運べるほどコンパクトにたためる、キャンパー心をくすぐる魅力的なギアなんです。別売りの「GRILL MESH」などを揃えれば、手軽に料理を楽しむことだって可能。

独自の設計と技術力で焚き火シーンをもっと楽しく!

直径わずか7cm、安定感抜群の焚き火台

引用元/muraco。
毎回のキャンプで焚き火をしていると、「ついでに料理もできたらいいな」「もっとコンパクトになればいいのに」なんて、焚火台へのこだわりも強くなってきますよね。

金属加工工場から誕生したmuracoの「SATELLITE FIRE BASE」は、独自の切削加工技術を駆使して作られた展開構造が最大の魅力。これまでの焚き火台の常識では考えられないほど設営の手間が省けるようになりました。
引用元/muraco。
引用元/muraco。
設営手順は“超”が付くほどシンプル。フレームの両端に付いているボルトを緩めてアームを立てれば完了です。あとはメッシュシートを先端に引っ掛けるだけ。もちろん、重量のある薪や強風に耐える安定性も備えています。
引用元/muraco。
引用元/muraco。
折りたためば直径わずか7cmのコンパクトサイズに! 専用の収納ケースも付属しているので、全てのパーツをまとめて保管できます。
引用元/muraco。
薪を乗せる火床部分はステンレスのメッシュシート。通気性に優れているため、下から空気をふんだんに取り込めます。スペアパーツも販売されているので、穴が開いてしまっても交換可能です。
商品名/SATELLITE FIRE BASE
価格/1万8700円
サイズ/(展開時)45×42×25cm、(収納時)7×41cm
重さ/ 1790g
素材/(メインフレーム)アルミニウム合金、(アーム、レッグ、ボルト、マイクロメッシュ)ステンレススチール、(スタッフサック)ポリエステル

重さのあるダッチオーブンも使える

引用元/muraco。
引用元/muraco。
「GRILL MESH」を取り付ければ、SATELLITE FIRE BASEで料理を作れます。ステンレスワイヤーは直径5mmとかなり太めで、隙間が狭いので小さな野菜や肉も落とすことなく焼けますよ。6kgまでの重さに耐えられるのでダッチオーブンもOK!
商品名/GRILL MESH
価格/3520円
サイズ/420×455×55mm
重さ/2.3kg
素材/ステンレススチール
耐荷重/6kg

柔らかくジューシーに肉を焼くなら

引用元/muraco。
引用元/muraco。
キャンプに行くと、なぜか無性にお肉を食べたくなりませんか? 「GRILL TABLET」を使えば分厚いステーキ肉も柔らかく焼き上がります。表面には窒化処理加工が施されており、錆びにくい仕様。シーズニングも必要ありません。

専用の収納ケースも付いているので、コンパクトに持ち運べます。
商品名/GRILL TABLET
価格/6200円
サイズ/(グリル)248×178×3mm、(ハンドル)178×32mm
重さ(ケース含む)/1250g
素材/(グリル)鉄、(ハンドル)18-8ステンレススチール

溶接作業現場から生まれた焚き火シート

引用元/muraco。
引用元/muraco。
最近では、焚き火シートの使用がルールになっているキャンプ場も多くなってきました。溶接作業時の機材保護に使うシートを応用した「ANTI SPARK RUG」は、SATELLITE FIRE BASEにちょうどいいサイズ。炎に触れても赤熱するだけで、火の粉が貫通しません。
商品名/ANTI SPARK RUG
価格/2500円
カラー/Grey Black
サイズ/470×470mm
重さ/90g
素材/耐熱クロス、片面シリコンコーティング
●muraco
記事の一覧へ