アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【リュウジさんのレシピ】世界で一番ご飯に合うハンバーグは、和食で使うキラー調味料が決め手

DINING

【リュウジさんのレシピ】世界で一番ご飯に合うハンバーグは、和食で使うキラー調味料が決め手

  • 2022.05.26

料理研究家リュウジさんのバズレシピを参考に「世界で一番ご飯に合うハンバーグ」を作ってみました。身近な材料で、お店のような味わいが楽しめると好評のリュウジさんレシピ。今回は味の決め手に和食の“あの”調味料を使ったハンバーグレシピです。さっそくいただきます。

洋食レシピにまさかの!?隠し味がユニークなハンバーグの作り方

「世界で一番ご飯に合うハンバーグ」レシピ

【材料】
牛豚の合い挽き肉 300g
タマネギ 150g
塩コショウ 適量
バター 10g
塩 小さじ1/4
黒コショウ 適量
卵 1個
サラダ油 適量
(A)味噌 大さじ1
(A)マヨネーズ 大さじ1
(A)パン粉 大さじ4
(A)水 大さじ2
(A)味の素 4振り
(A)片栗粉 小さじ2
(A)ナツメグ 6振り
(B)水 大さじ3
(C)醤油 大さじ1と半分
(C)みりん 大さじ2
(C)酒 大さじ2
(C)砂糖 小さじ1/2
(C)味の素 2振り
(C)味噌 小さじ1
【作り方】
1.タマネギを切る
タマネギをみじん切りにします。

2.タマネギを炒める
フライパンにバターを入れて火にかけ、タマネギと塩コショウを炒めます。全体が飴色に色づいたら火を止めて粗熱を取ります。

3.肉ダネを作る
ボウルにひき肉、塩、多めに黒コショウを入れてよく捏ねましょう。ひき肉に粘り気が出てきたら卵、(A)、炒めたタマネギを100gほど加えてよく捏ねます。

4.肉ダネを成形する
楕円型になるよう肉ダネを成形し、ハンバーグの形にします。成形したら中心を少し凹ませておきましょう。

5.ハンバーグを焼く
フライパンに油をひいて中火にかけ、肉ダネを入れたら蓋をして3分ほど焼きます。

6.裏面を焼く
約3分経ったら裏返して蓋をし、下面に焼き色がつくまで焼きましょう。焼き色がついたら(B)の水を入れて蓋をし、水分が飛ぶまで蒸し焼きにします。水分が飛んだら竹串で中心を刺し、透明な肉汁が出ればハンバーグの完成です。

7.タレを作る
ハンバーグを焼いたフライパンをそのまま使います。フライパンに残りの炒め玉ねぎ、(C)を入れて火にかけ、煮詰めたらタレの完成です。

「世界で一番ご飯に合うハンバーグ」レシピのワンポイント

タマネギはじっくり飴色に炒めると風味・コクがともにアップ! 洋食屋のような味わいになりますよ。
今回の最大ポイント! なんと隠し味に味噌を使うんです。味噌を入れることでほんのり甘く、まろやかな風味のハンバーグができますよ。

※今回は自宅で常備していた味噌を使用。

「世界で一番ご飯に合うハンバーグ」そのお味は?

程よい焦げ目がついたハンバーグが完成! 中央を凹ませ過ぎたせいか、お店のような形には少し遠い出来ですが、蒸し焼きにしたことで、ふっくら食感はバッチリでした。

ハンバーグの隠し味に初めて味噌を入れて作り、作っている最中は和風になるのかと予想していましたが、ビックリ仰天! 味噌が肉の旨みと調和して、高級肉を使ったようなコクたっぷりのしっかり洋食ハンバーグでした。ぜひ、おうちごはんに作ってみてはいかがでしょう。
原 結
食べ歩きや旅行、アウトドアが大好きなアクティブ系女子。旅先でもショッピングは二の次、自然とのふれあいを求めてしまうタイプです。話題のレシピや新商品のレポートなど毎日の暮らしに役立つ情報をお届けします。
記事の一覧へ