アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
実食!マルちゃん「冷しうどん」vs「冷しそば」蒸し暑い時に食べたいのはどっちだ?

DINING

実食!マルちゃん「冷しうどん」vs「冷しそば」蒸し暑い時に食べたいのはどっちだ?

  • 2022.06.23

暑さで食欲がない…。マルちゃんの「冷しぶっかけ肉うどん」と「冷しスタミナ肉そぼろそば」は、そんな時こそ食べたい新作カップ麺なはず。あっさり系? パンチある味? さぁどっち!?

さっぱり柚子&がっつりガーリック!冷やして美味しいカップ麺

マルちゃん(東洋水産)でお馴染みの「赤いきつね」と「緑のたぬき」から、今年も冷しバージョンが発売されました! 注目のラインアップは柚子風味のさっぱり系うどん、そしてガーリックを利かせたがっつり系そばの2種類。密かに発売を待ち望んでいた人も多いはず。

牛肉もしっかり!さっぱり食べられる柚子風味

まずは、柚子風味の「冷しぶっかけ肉うどん」から行ってみましょう。サラダにも冷奴にも餃子にもぽん酢をかけて食べる、無類のぽん酢好きである筆者。ぽん酢”風”というワードが少し気になりますが、これは絶対に美味しいはず!
フタを開けると通常のカップラーメンと同様に、かやくと液体スープが入っていました。
かやくとお湯を入れて5分待つところまでは、いつもの作り方と同じ。ただし通常のカップラーメンのように、液体スープをフタの上で温めないように注意!
5分経ったらカップ焼きそばのように湯切り口からお湯を捨てます。その後、中に冷水を入れて捨てる工程を3回繰り返したら、液体スープをかけて出来上がり。
さすがは肉うどん! 想像以上にサイズの大きい牛肉が入っていました。他の具材はカマボコとネギ。決して具沢山ではありませんが、味と食感の変化は十分に楽しめます。
「赤いきつね」のうどんと似ている、程よくコシのあるツルツル麺。さわやかな柚子の香りも感じれられて、かなりさっぱりしています。ぽん酢好きの筆者にとっては至福の一杯ですが、それなりに酸味もあるので柑橘系が苦手な方には厳しいかも…。

カップラーメンを全部食べると胃もたれすることも多いのですが、「冷しぶっかけ肉うどん」は完食しても嫌な油っこさはありません。醤油やカツオ節の出汁も効いて、和風の味に仕上げられています。これは買い!
商品名/冷しぶっかけ肉うどん
価格/235円

ラー油とガーリックのコンボで魅惑のジャンキーさ

続いて「冷しスタミナ肉そぼろそば」。パンチの効いたガーリックとピリ辛なラー油が食欲をそそる、いかにもがっつり系なカップそばです。
フタを開けると液体スープと”あとのせかやく”が入っていました。調理方法を読んでみると、水で冷やした後、液体スープを入れるタイミングでかやくを投入するのだとか。
調理方法に記載されていた通りに、かやくと液体スープを一緒に入れました!
うどん同様、肉そぼろそばもしっかり涼感! ラー油のピリ辛とガーリックのパンチが効いて、油そばのようなジャンキーさがクセになる味わい。辛い食べ物がそこまで得意ではない筆者も、最後の1口まで美味しく食べられました!
商品名/冷しスタミナ肉そぼろそば
価格/235円
●東洋水産
記事の一覧へ