アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
ダイソーのホットサンドメーカーが良い!自宅でキャンプで使えるアレンジ術も紹介

LIFE

ダイソーのホットサンドメーカーが良い!自宅でキャンプで使えるアレンジ術も紹介

2021.09.25

最近のキャンプ飯の代名詞とも言える、ホットサンド。おうちご飯でホットサンドメーカーを使う人も増えてきました。そこで紹介したいのが、ダイソーで販売されている「ホットサンドメーカー」。1100円という手の届きやすい価格で、使えるホットサンドメーカーが販売されています。

ダイソーで売っている「ホットサンドメーカー」。ホットサンドメーカーは筆者がキャンプに必ず持っていている、欠かせないキッチングッズです。ダイソーでは110円ではないものの、1100円というホットサンドメーカーでは破格の値段で販売されています。
最初に使用する際は、中性洗剤でよく洗って乾かして、油でコーティングしてから利用してください。また、直火専用なので、IHなどの電磁調理器では使用できません。
商品名/ホットサンドメーカー
価格/1100円
材質/本体 アルミニウム合金(底の厚さ 1.8mm)、 柄部 フェノール樹脂、アルミニウム、面加工 ふっ素樹脂塗膜加工
商品サイズ/15×35×3cm

しっかり押せるストッパー付き!

ホットサンドメーカーのハンドル部分にはストッパーが付いているため、多めの具材を入れて膨らんでしまっても、しっかりサンドできます。このストッパーが搭載されていると、加熱中に手を離せるのでとても便利!

焼き上がりがシンプル

ホットサンドの本体には、型などは何も付いていないので、シンプルな焼き上がりになります。アウトドアブランドのホットサンドメーカーは、どれもロゴやデザインが施されていたので、このシンプルさがとても気に入っています!

ホットサンドがくっつきにくい!

ホットサンドメーカーで、ホットサンドを作ると、どうしても食材がくっついてしまうもの。ダイソーのホットサンドメーカーは、フッ素樹脂加工が施されているため食材が付きにくく、焼き上げた後は簡単に取り出せます。

食パンだけでなく、くっつきやすいご飯もへばりつきませんでした。内側だけでなく、外側もフッ素樹脂加工されているため、手で持っていないと台から滑り落ちてしまうことも。キャンプなどで斜めった場所で使用する際は、注意が必要です。

おすすめホットサンドレシピ

肉まん

まず紹介するのは、インスタで話題となっている肉まんアレンジ術。油を塗ったホットサンドメーカーに、肉まんを挟んで2分焼き上げるだけ。中身はかなりジューシーに。外側はカリカリで香ばしい肉まんに仕上がります。

生ハムチーズ

食パンにマヨネーズを塗り、生ハムとスライスチーズを入れて、ホットサンドメーカーで焼き上げました。生ハムの塩っぽさが食欲を誘ってくれる絶品ホットサンドです。半分にカットすると、チーズがトロッとはみ出てきます。

焼きおにぎり

ごま油と醤油を塗っておいたおにぎりをサンドしました。今回は握ったおにぎりですが、ホットサンドメーカーに直接ご飯を入れて、焼き上げても美味しく仕上がります。

ダイソーのホットサンドメーカーが使える!

購入した当時は「使いにくいのでは?」と思っていたのですが、使用してみると今まで使用していたホットサンドメーカーと変わらない使い心地で大満足! ホットサンドメーカーは、今回紹介したアレンジ術の他にも様々な楽しみ方ができます。ぜひダイソーのホットサンドメーカーを活用して、美味しい料理を作ってみてくださいね。
●大創産業
082-420-0100
記事の一覧へ