アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
【551蓬莱】中華まん対決!豚まんVS叉焼まんVSあんまん!一番おいしいのは?

LIFE

【551蓬莱】中華まん対決!豚まんVS叉焼まんVSあんまん!一番おいしいのは?

  • 2021.11.28

大阪を代表する肉まんといえば「551蓬莱」。大阪の難波に本店を構え、連日旅行客や買い物帰りの人で賑わっています。今回は「551」の名物肉まん3種を食べ比べてみました。本店限定のあんまん、叉焼まんは、定番の豚まん(肉まん)と肩を並べるのか、豚まんよりもはるかにおいしいのか、それともやっぱり豚まんなのか!

難波のど真ん中に構える「551蓬莱」本店

大阪・難波にある戎橋筋商店街の中に光り輝く「551HORAI」の大きな看板。ドアがなくオープンになっている店内では、ショーケースを見ながら気軽に購入できます。ショーケースには豚まんやシューマイなどが並び、テイクアウトのほか飲食もできるようになっています。

551蓬莱肉まん3種を食べ比べてみた

すでに箱の外からほんわか漂う肉まんの香り。定番の豚まんと限定商品の叉焼まん、あんまん。それぞれどんな個性があるのか楽しみです。

安定のおいしさ!定番の「豚まん」

551の豚まんは1個売りから販売。とにかくずっしりと重たく、分厚い生地が特徴です。中には豚肉とほんのり甘みのある玉ねぎが入っています。

食べた瞬間からもちろん美味しいのですが、何が美味しいかというと、ジューシーさと柔らかさが半端ないということ。生地は分厚く固めなので、その対比も強調されています。

それにしても中の具の柔らかさは、これまでに食べた豚まんの中でもピカイチ。玉ねぎとしっかり絡んで、塩胡椒のアクセントも効いたボリューム満点の豚まんです。

商品名/豚まん
価格/190円(1個入り)

濃厚な具材がたっぷり!限定商品「叉焼まん」

叉焼まんと書いて「チャーシューまん」。中を割ってみると、ジュワッと特製ダレに漬け込んだ具材が溢れ出てきました。ごろっと入ったチャーシューに、しいたけやたけのこ、玉ねぎが混ざり合います。

やさしい味わいの豚まんとは違い、具材の食感や濃い味付けが特徴的です。生地は豚まん同様分厚くどっしりしていて、食べ応え抜群。

特製ダレは甘みがあり、濃厚ながらもあっさりしていたのと、豚まんよりも少し小ぶりなのが食べやすいポイントです。中華な味わいを堪能したい方におすすめです。2個入りからの販売となっています。

商品名/叉焼まん
価格/400円(2個入り)
*本店・梅田阪神店・通販限定

ごま風味の中華あんがおいしい!限定商品「あんまん」

思ったよりぎっしりあんが詰まっていた「あんまん」。こしあんではなく、あずきの粒がしっかり残っていて、つぶつぶの食感が食欲をそそります。ひと口食べてみると、あんの味が違う!

黒ごま風味に仕上がった中華あんが入っていました。どことなくごま団子のような味わいがして、これまで食べてきたあんまんとはひと味違った風味が新鮮。しつこくない控えめな甘さ加減なので、こんなにぎっしり入ったあんでも食べ切れてしまいます。ごま団子好きな人ならハマるかも。子供がいるご家庭への手土産にも良さそうです。2個入りの販売です。

商品名/あんまん
価格/360円(2個入り)
*本店・通販限定

やっぱり豚まんには叶わなかった

定番の豚まんを差し置いて限定商品がとびきりおいしいのかと思えば、やっぱり豚まんにはかないませんでした。あのジューシーさとふっくら柔らかい具材は、551のCMでおなじみのキャッチフレーズである「551あるとき~ないとき~」の「あるとき~」のハッピーな演出を感じるほど幸せになります。なんなら、あの具材を白ご飯の上に乗せて食べたいなとも思いました。

とはいえ、叉焼まんもあんまんも具材がぎっしり。中華屋さんならではの味わいを堪能できるので、ぜひ本店に立ち寄られた際には購入してみてください。大阪の手土産として定番中の定番「551」は、これからの季節に喜ばれるはずです。

店名/551HORAI 本店
住所/大阪府大阪市中央区難波3-6-3
営業時間/10:00〜21:30
定休日/第1、3火曜日 ※変更となる場合がありますので、公式サイトをご確認のうえご来店ください。

●蓬莱
06-6641-0551
記事の一覧へ