アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【セブン-イレブン】関西の名店監修「塩らーめん」と「肉吸い」は本家を超えた!?実食レポ

DINING

【セブン-イレブン】関西の名店監修「塩らーめん」と「肉吸い」は本家を超えた!?実食レポ

  • 2022.09.24

セブン-イレブンで開催中の関西グルメ巡り。今回紹介する2つのお惣菜は「近所のお店で食べるよりも美味しい」とSNSで話題の絶品グルメ。さっそく食べてみました!

人気店の味を再現!絶品ぞろいのセブン「関西グルメ巡り」

コンビニラーメンの最高峰!「和海監修 塩らーめん」

まずは、兵庫県尼崎市の人気ラーメン店「らーめん専門和海」が監修した「塩らーめん」。ラーメン好きなら一度は店名を聞いたことのある方も多いのでは? 

こってり系やインパクトのあるラーメンが好みの筆者。果たして納得のいく味なのでしょうか…。
麺の上には、豚バラと鶏ももの2種類のチャーシュー、白ネギ、水菜がトッピング。具だくさんとは言えませんが、麺とのバランスが良く、水菜のシャキシャキ感や白ネギのツンとした香りが味のアクセントに大活躍!
スープは見た目の淡さ以上に深みがあり、最後の一滴まで飲み干したくなる美味しさです。魚介ベースのさっぱりした味に旨みがたっぷり。実際にラーメン屋で出てきたとしても、かなり高得点なクオリティです。
麺は少し太め。電子レンジで加熱してから後入れするので、コシもしっかり残っていました。前回レポートした「新福菜館本店監修 中華そば 肉多め」もかなりハイレベルでしたが、こちらの「塩らーめん」も、勝るとも劣らない美味しさ。コンビニで買えるラーメンが、ラーメン専門店の味を超えてきています!
商品名/らーめん専門和海監修 塩らーめん
価格/648円
熱量/483kcal
販売地域/北海道、東北、関東、新潟県、北陸、岐阜県、愛知県、三重県、山口県、四国、九州

牛肉の旨みたっぷり!「千とせ本店監修 肉吸い」

こちらは大阪難波の老舗・千とせ本店が監修した「肉吸い」。今では大阪名物となった「肉吸い」は、吉本新喜劇の俳優さんが出番待ちの合間に「肉うどん、うどん抜きで」と注文したのが始まりなのだとか。

関東在住の筆者も大好物で、大阪へ旅行に行った際はいつも食べています。
鰹と昆布で出汁を取ったスープに牛肉の旨みがたっぷりと染み出ていて、どう考えても399円で購入できる味ではありません。
入っている牛肉は小ぶりではあるものの、トロトロに柔らかく贅沢な味わい。全体の量はさほど多くありませんが、決して物足りなさは感じません。
大きめの豆腐が2つ入っていました。細かくカットされたネギも入っており、とても風味豊か。七味もトッピングされていましたが、ピリ辛を求める方は、さらに七味を追加するといいかも。

肉吸いには麺やご飯が入っていないのでメインにはなりませんが、間食やおにぎりのお供にぴったりです。
商品名/千とせ本店監修 肉吸い
価格/399円
熱量/188kcal
販売地域/東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄
●セブン‐イレブン・ジャパン
記事の一覧へ